BlogPaint

台湾の華西街夜市にある「亞州蛇肉店」では、350台湾ドル(1400円ぐらい)で毒蛇5点セットが食べられるよ!ヘビ肉スープ、ヘビ毒カクテル、胆汁、ヘビの血と強烈なラインナップだ。
ヘビ毒カクテルには、解毒剤が浮かんでいるぞ。 
 


BlogPaint

台北に旅したら、ほとんどの人が行くんじゃないでしょうか、龍山寺。そんな有名観光血から3分ほどの場所に華西街夜市があるよ。士林夜市などに比べれば、こじんまりとした規模だけど、変に洗練されてなくってディープな食い物が食べれる夜市なんだな。
なかでも、ひときわ心を惹かれたのが、ここ、亞州蛇肉店である。頭をもたげるコブラの写真が、光り輝く看板がど派手だ。



P4231332

P4231337

軒先のケースには、生きてる蛇が放り込まれている。



P4231335

この黄色い奴も食材なんだろうか。



P4231359

蛇がうじゃじゃ漬けてある、蛇酒のケースも壁にずらりと並んでいた。



P4231360

店内には大蛇のディスプレイ。ヒョウだかピューマだかが乗っかれるぐらいでっけえ大蛇だ。大蛇の真下には自転車が3台収納されていて、生活感丸出しだ。



P4231340

道路と店を仕切るものはなにもなく、道行く人びとから丸見えだ。カフェのオープンテラスじみた環境で蛇が食えるぞ。





毒蛇5点セットを食べてみた!

P4231341

ヘビ料理もいくつかあるみたいだけど、オススメはこの「毒蛇5点セット」みたいね。
お値段は350台湾ドルだから、1400円程度。日本でヘビ食べるより断然お手軽につまめちゃうね。



P4231347

P4231348
▲毒蛇湯

まず運ばれてきたのが、毒蛇湯だ。ヘビ肉が入ってる薬膳スープだね。



P4231358

スープから取り出して、よくよく観察してみれば、骨がそのまんまの形で残っている。



P4231356

味のほうは、やや薄味の鶏肉かな。骨が多いから食べづらくはあるんだけど、癖や臭いは強くない。
スープもコンソメっぽい優しい風味なので、すすっと飲みきれちゃう。



P4231350
▲左から「蛇の血」「蛇鞭液、蛇毒液のミックス」「蛇の胆」

毒蛇湯を飲み干したら、お次はこちら。ヘビの体液をアルコールと混ぜた毒蛇カクテルである。
左から「ヘビの血」「毒液の酒」「胆汁」だ。耳なし芳一を守った般若心経がごとく、字面だけでも万難を排しそうなパワーを帯びた酒たちだ。

「真ん中のは蛇液と毒液がミックスされてるから、2つ分だ」とのこと。これで5品分らしい。
毒液酒はウォッカで割ってあり、胆汁は梅酒のような風味で、とても飲みやすいのだが、問題はヘビの血。酒で紛らわせているとはいえ、やはり血なま臭い。



P4231351

血の池に、ドクターマリオよろしく赤と白のカプセルが浮かんでいる。
「このカプセルはなんなの?」と尋ねたところ、どうやら解毒剤なんだって。


え?


解毒剤、必要なのかよ!




すべての酒を飲ませたあとに「お客さん、解毒剤は1万台湾ドルですよ、ゲヒョヒョ」的なあくどい商売をされなくてよかった。毒と解毒剤を一緒に飲むから、あわせてプラマイゼロという、なんとも丼勘定なヘビ屋である。







【「亞州蛇肉店」への行き方】

1:MRT(地下鉄)で「龍山寺駅」まで行く

2:歩いて3分ぐらいで華西街夜市に着く


▲夜市の途中の路地を曲がってすぐ

3:華西街夜市の真ん中あたりの路地を曲がると「亞州蛇肉店」があるよ









「亞州蛇肉店」の情報
オススメ度:★★★☆☆
アクセス:MRT「龍山寺駅」から徒歩8分
住所:台湾台北市華西街49
営業時間:13時~翌1時
定休日:
予算:5点セット350元(1400円くらい)
関連サイト:食べ台湾