P4252413

台湾の北部、山沿いを走る電車・平渓線。電車が1時間に1本しか来ないローカル線だ。
そんなローカル線の「十分駅」では、電車がこない間、線路のなかに入れちゃうのだ。レールのうえを歩くスタンドバイミーごっこを堪能できるぞ。



P4252410

どうもこんにちは、松澤です。



P4252412

本日は線路のうえからお届けいたします。



P4252585

ホームにも座っちゃいました。



P4252570

日本でこんな写真をSNSにアップしようものなら、バカッターと叩かれて炎上すること間違いなしですが、台湾ならば極めて合法的に線路写真が撮れるのです。



P4252365

場所は平渓線の「十分駅」。電車が1時間に1本しかこないローカル線だから、電車がこないその間は、線路のなかに入れちゃうってわけ。
うまく乗り継ぎが出来れば、台北から電車で50分ほどで行けるスポットだ。平渓線には猫まみれの駅「猴硐駅」もあるから、併せて巡るのがナイスプランだ。

人気の観光スポットのわりに電車の本数は少ないわ、車両も短いわで、休日はご覧のとおりの大混雑ぶり。ホームに人が溢れかえっている。日程上、可能ならば平日に行くのがいいだろうね。



P4252389

あまりの人気に、人ばかりかオウムまでやって来てた。



P4252413

山に囲まれた山間の路線。片側は屋台や出店でにぎわってるが、もう一方には雄大な山並みが広がっている。右を見ても左を見ても日本ではないどこかな情景。それに挟まれ線路を歩けば「あ~~、旅!旅してる!!」って衝動が突き抜けてくるぞ。



P4252402

スタンドバイミーでも聴きながら歩きたい。



P4252401

線路と歩道を、階段で行き来できる。



P4252609

1時間に1本の電車がやってくるタイミングで「線路からあがって!」といったガイダンスが流れ、駅員さんも「あがって!あがって!!」と指示をだす。



P4252376

駅員さんの「あがって!」の指示に慌てるおばちゃん。
電車はそこまで迫っている、間に合うのか、おばちゃん!!



P4252378-

間に合った。

まぁ、状況を把握してるから、電車はすっごいゆっくり近づいてくるから危ないこたあない。






願い事を書いたランタンを空に浮かばせろ!

P4252428

線路のうえでやたら目立っているのがこれ、天燈(ランタン)だ。



P4252556

四面に願い事を書いて



P4252558

中で火を炊いて、浮かばせる。気球の要領だね。紙で出来てるからそのうち燃え尽きて、チリになるという算段だ。



P4252600

見上げれば無数の天燈があっちこっちに浮かんでいるのだ。
毎年旧正月には「天燈祭り」が開かれて、それこそむちゃくちゃな数の天燈があがるんだとか。



祭りの光景ね。幻想的過ぎるし、すげえ行ってみたい。
「塔の上のラプンツェル」のラストは、おのお祭りをモチーフにしたらしいよ。



P4252394

色ごとにご利益の効果が分かれていて、単色ならば150台湾ドル(600円ぐらい)、4面すべて違う色ならば200台湾ドル(800円ぐらい)ってわけだ。
とりあえず地獄の沙汰も金運だろうというわけで、その筋に効果の期待できる黄色の天燈を買ってみた。



P4252504

店のおばちゃんがセッティングしてくれる。



P4252511

筆で願いを書いていく。気分は武田双雲だ。



P4252514

非常に即物的で申し訳ないし、武田双雲は絶対こんなことを書かないが月収60万を祈願した。私のなかの大金持ちの基準は月収60万なのだ。



P4252522

残り3面には「手下が5名欲しい」「本が30万部売れて欲しい」などと夢想めいた願望を記入。手下に「オヤビン」と呼ばれたい。書けば書くほどどんどん欲の皮がつっぱってきて、エゲツない願いになっていったが、「どうせ台湾だから日本語分からないだろう」と遠慮なく書き記していった。
これが日本だったら、周りの人たちにチラ見されることを考慮した偽善めいた願いを描いていたかもしれない。台湾あっぱれである。



P4252528

P4252531

願いを描き終えたら、内部に蝋の紙をセットする。くしゃくしゃにして空気と反応しやすくしている。これを燃やすんだね。



BlogPaint

線路に戻って、火をつける。友人と両サイドを掴んで、記念撮影。かなり熱くなっている。
空気が膨張して、膨れあがった月収60万。際限なく膨らむ人間の欲といった感じだ。



BlogPaint

手を放すとぷかぷかと上空に浮かんでいく。



P4252552

燃えろ!燃え尽きてくれ!
けっしてそのまま落下して、浅はかな願いが人目に触れることがないよう祈りつつ、その行方を目でおった。






【十分駅への行き方】

1:台湾鉄道「瑞芳駅」へ行く

2:平渓線に乗り換えて「十分駅」へ行く



▲平渓線は1時間に1本しかないから、ネットなりで時刻表を確認していこう








「十分駅」の情報
オススメ度:★★★★★
アクセス:平渓線「十分駅」
住所:台湾新北市平渓区
営業時間:-
定休日:-
予算:-
関連サイト:台北ナビ