matsuzawa-21

「ハルビンアイスワンダーランド」では一年中ずーっと暑いタイ・バンコクで、マイナス15℃の世界を体験できるよ。
氷のすべり台を滑ったり、氷のバーでジュースを飲んだりできるのだ。
 


P8165146
▲ハルビンアイスワンダーランド

さすが南国とあって、季節を問わず四六時中暑いタイのバンコク。
そんなバンコクの市内にいて、極寒体験できるのが「ハルビンアイスワンダーランド」である。館内をマイナス15℃の世界にしたテーマパークだ。
外国人入場料は550バーツ(2000円ぐらい)とわりと強気なお値段だが、一種の避暑地としてとらえれば納得価格といったところだろうか。



P8165141

看板中央の女性が山田邦子に似ている。



P8165151

防寒コートはレンタルで80バーツ(300円ぐらい)。
ケチって半そで半ズボンのままで潜入しようかと思ったが、マイナス15℃の世界がどんだけのものか想像つかなかったので念のため借りといた。



P8165155

まさかタイでこんなモコモコした防寒具を羽織るとはね。



matsuzawa-19

完全防備にて、入り口の冷気をとどめるビニールのれんをくぐる。
ちなみに背中にしょってるクマさんのリュックは、バンコクで250円で買ったものだ。暗いところで布が光る優れものだ。



P8165163

のれんをくぐると氷の世界。文字もイラストも氷に着色している。
がんがんに冷気が吹いてるし、けっこう広いのでコートを借りて心底良かったと痛感する。



P8165164

門も氷ならば



P8165167

狛犬(?)も氷だ。



matsuzawa-21

色とりどりにライトアップされて、なかなか幻想的な空間。



matsuzawa-20

人口雪を積もらせてるエリアもあるよ。



P8165178

P8165209

タイの寺院や協会を氷で作っているそうだ。



P8165181

P8165191

P8165196

P8165228

イルカにシャチ、タコにパンダも氷で作っている。けっこう良く出来てるんだな。



P8165234

かなり長いすべり台もあるよ。



P8165259

スタッフさんが1人、高台のうえに控えている。
1人乗りボブスレーのような乗り物を突き落とすんだけど



P8165244

P8165246

ブレーキなんて気が利いたものはついてないから、さきほどのスタッフが大急ぎで階段を下って、ゴール付近で乗り物をつかんで強引に停止する。行ったりきたり、かなり大忙しってだった。
マイナス15℃、彼にとってはちょうどいい気温なのかもしれない。






アイスバーでジュースを飲もう!

P8165294

アイスワンダーランドを楽しんだら、併設されてる「アイスバー」でジュースを飲むことも可能だ。
テーブルも椅子もすべて氷で出来ている。



P8165289

グラスも氷をくりぬいたもの。
ジュースと氷のグラスで89バーツ(300円ぐらい)だった。



matsuzawa-26

ストローを渡されなかったので、素手で直飲み。



matsuzawa-23

口も、手も、脳も、すべてが痛いぐらいに冷え切って、とうてい1度では飲みきれない。



P8165325

P8165326

P8165327

飲み終えた氷のグラスは
「ちっくしょー!寒いんだよ!!」
と”叩き割りゾーン”の壁にぶん投げて処理をする。

バンコク市街地からアクセスしやすいんでね、暑いのに耐えられなくなったら立ち寄ってみてはいかがでしょう。









「ハルビン・アイスワンダーランド」の情報
オススメ度:★★★☆☆
アクセス: Bearing駅の2番出口すぐ
住所:3776 Sukhumvit 70/4 Rd. Bangna Bangkok 10260
営業時間:9:30~21:30
定休日:なし
予算:入場料550バーツ+コートレンタル80バーツ
関連サイト:バンコクナビ