P9048059

マレーシアの離島・ランカウイ島。
マングローブの河に浮かぶシーフード料理屋で、日本では天然記念物指定されているカブトガニのサラダを食べてきたよ。



P9047795
▲この河をカヤックで漕ぐ

海外行っても珍スポばかりをせっせと巡っているのですが「たまにはアクティビティーをやってみるのもいいかなあ」とマレーシア・ランカウイ島ではガイドさんをつけてカヤックに乗ってみた。



P9047998

マングローブが生い茂る森のなかを、おのれのパドル操作だけを頼りに進む。横幅がかなり狭いところも抜けていくので、細かいコントロールが必要。3時間以上漕ぎっぱなしだったので、腕も腹筋を中心にすげえ筋肉痛になったな。



P9047823
▲マングローブの河に浮かぶ海鮮料理屋

途中、小雨にふられながらも、3時間のカヤックツアーは終了。
最後に、河のうえにぷかぷか浮かぶバラックに立ち寄る。なんの商売っ気もないが、こうみえて海鮮料理屋なのだ。



P9047836

天然のいけすの中に、エイだのエビだの南国の魚だのが泳いでる。どれもやたらデカい。みんな食材なので、好きな魚を選んで、料理方法を指定できる。



P9047843

「いいもん見せてやる!」みたいな表情をみせ、おもむろに水に手をつっこむスタッフの少年。



P9047870

取り出したのはカブトガニだ!
日本では天然記念物にも指定されている貴重な生物だが、マレーシアでは食用として流通しているらしい。エラの部分にはフグと同種の毒もあるそうだ。



P9047871

「ヘッドマッサージ!!」と叫びながら、頭にのっける少年。カブトガニをつかったモノボケだ。日本語でも「兜ガニ」と呼ばれるぐらいだから、やっぱり頭につけたくなる形状なんだな。



P9047874

かたわらにいたツアー客の頭にも「ヘッドマッサージ!」と言いながら、強引に乗っけていた。




P9047875

乗っけられてた兄ちゃんの母とおぼしき女性が、すごい引いてる顔つきでながめていた。



P9048040

ガイドツアー代には、食事代も含まれていたので、スパイシーなあじつけの白身魚やチャーハンを出してくれた。体を動かしたあとの食事はうまい!



P9048059
▲カブトガニのサラダ 1500円ぐらい

せっかくの機会なので、オプションでカブトガニも注文した。
カブトガニの食べ方として定番だという、卵のサラダにしてもらった。お皿替わりに、カブトガニの殻がつかわれている。



P9048068

黄色くて小さいのがカブトガニの卵だ。
細く刻んだ玉ねぎやキュウリにカブトガニの卵や身をあえている。酸っぱ辛い味付けで、東南アジアって感じだ。
卵はもっとプチプチしてるのかと思いきや、意外にねっちょりとした独特の食感。とびきり旨いわけじゃないけど、クセに味だな、これ。



P9048075

タイやマレーシアなど東南アジアを中心に食べられてるようなので、そこいらへんに旅したさいは探してみてはいかがでしょ。(人気食材ってわけじゃないので、どこにでもあるわけじゃないけど)




【「カブトガニを食えるシーフード屋台」への行き方】


1:マレーシアのランカウイ島へ行く


P9047903

2:タクシーなどでタンジュンルーリゾートへ行って、カヤックツアーに申しこむ

3:ツアーの途中でシーフード屋台に立ち寄ったよ。



▲とはいえ、必ず立ち寄るのかどうかは不明。プランによるはず







「カブトガニ」の情報
オススメ度:★★★☆☆
アクセス:マレーシアのランカウイ島から「タンジュンルー」に行く
住所:Tanjung Rhu , Malaysia
営業時間:
定休日:
予算:カブトガニ60リンギットぐらい(1500円ぐらい)
関連サイト: